FC2ブログ

AshGreyNoise

~ 薄闇色の雑音 ~


このブログは18禁です。18歳未満の方は閲覧しないでください。

人妻肉便器結衣子さん
人妻戦士結衣子さん参上! だがしかし、弱かった‥‥

作品紹介 サンプル画像をサブブログに掲載してあります。
<作品紹介・サンプル画像>

 

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/16

チャムの物語/チャム(でるもんて)

****
あたしは、自分の胸が嫌いです
ちょっと大きい胸、というだけでみんな見にくる
あの気色悪い目
あたしは胸の事を話すのも、見られるのも嫌いです

****
(着替えまだかしら・・・)
風呂を終えたまま、あたしは何も着ずに立ち尽くしていました
自分の部屋から風呂場へ来るまでに、着替えをどこかで落としてしまうなんてっ
風呂は玄関のすぐ脇にありますが、隣の部屋とはカーテンで仕切られてるので
足首意外見られる事はありません
けど、女のあたしとしては、なんとも心細いのです
(はやくぅ)
そこへカーテンの向こうから、パタパタという足音が近づいてきました
(やっと来た・・・おそいっ)

「お母さん何してたの!」
「お姉ちゃん、着替え」
ひっ・・・・ あたしの動きがとまりました
(お母さんじゃ、ない!?)
「お姉ちゃん?聞こえてる?」
着替えを届けにきたのは弟のチャスでした
ちょっとォ! あわててかがみました
「チャス!そこ置いてってよ!」
「んー。ここでいい?ねえ取れる?」
あたしはイラつきます
「もういいから早くいって!」
すると、コトッとカゴを置く音がして、そのまま足音が遠くなっていきました
(もう・・)
隙間からそっと覗いてみますが、誰もいません
(なんであいつが来るのよー!お母さん!)
カーテンの隙間から、さっと着替えのカゴを取りました
当然ですがカゴには自分の下着が丸見えになって入っています
(うっ・・)
これから着るものを見られるのって、なんだか弟に秘密を見られた
気分で恥ずかしいわ・・・

外はもう十分に明るくなっていました
あたしは居間で、家族とご飯にします
弟とは、目を合わす事も無くムッとしてますが
うちでは食事を必ず家族で取るならわしなので、ここは静かにしていました

さっきから、父が見当たりません
母にたずねました
「ねぇ、お父さんは?」
「さっきあわてて出ていったのよ 仕事って言ってたけど」
「ふうん?」
(何だろ あれで何してるかわからないから・・・最近よく居なくなるし)
「そうだお母さん、チャスに着替え持ってこさせないでよ」
「え?何?」
「さっきの風呂よ!」
「別にいいじゃない。兄弟だし?」
「いやよ!」
弟のほうを睨みました
兄弟だからって、こういうのは許せません
「着替えを落としていったアンタが悪いんじゃない
 そのまま風呂から出ても別にいいんだよ、フフフ」
「お母さん!」
自分が年頃だった頃の事など忘れてしまったのでしょうか?
あたしは一人で顔を真っ赤にしてふくれていました

「さあどうぞどうぞ・・・」
あら・・?お父さんが帰ってきたわ
急にその場に割り居るように、奥の方から騒がしい音がし始めました
大事なお客さんかしら?お父さんにしては珍しい
「・・・チャムは今、奥にいますので」
(え・・?あたしの名・・・?)
奥で誰かと話しているようです
(誰も来ると思っていなかったから、あたし今、テキトーなかっこなんだけど・・
 お客さんなら着替えなきゃ)

そう思っていると、すぐに数人の足音が近づいてきました。
(お父さんたらっ・・お客が来るなら来ると言っといてよっ!もう・・)
イラっとしましたが、人が来ます しかたなくうつむいて黙っていました
ぞろぞろと、数人の男と一人の女が部屋に入り込んできました
皆、重装なカッコをして異様な雰囲気です

「・・・、誰?この人達」
あたしはぶっきらぼうに言いました
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011/07/30

聖女の巡礼 その3(後編) 獣の行為 / フィリィ(かさたな)

いままでのお話
聖女の巡礼 その1
聖女の巡礼 その2 スライムの沼
聖女の巡礼 その3(前編) 獣の棲家
聖女の巡礼 その3(中編) 獣の匂い


聖女の巡礼 その3(後編) 獣の行為
「うおっ…また…で、出る!」
朦朧としていていた意識が顔にかかる熱い感覚で引き戻されます…
あれから、わたくしとジンジーさまは数え切れないほど男たちの精を全身に受け止めてきました。
まるで精液のお風呂に浸かったようにどろどろになって、わたくしたちがいる場所の石の床は白濁の池のようになっています…
「はうっ…ぴちゃ…くちゅ…」
両手でペニスを抜きながら、お掃除するようにペニスの中に残った精液を吸い上げます…
あれほど最低だと思ったこの味も何度もかけられて飲まされているうちに何にも感じなくなってきて…
そんな自分が惨めで…悲しかったです…
隣ではジンジーさまのツインテールがペニスを扱くのに使わされていました。
「ううっ…いやぁっ…また汚い…!」
ジンジーさまの綺麗な黒髪も、男達の白い欲望によって汚されてしまいます…
わたくしたちは、挿入こそされてないものの…胸の谷間から、腋の下…クリトリスまで、ペニスで擦られて使わされてきたのです。
この盗賊たちは…まるで獣のようでした。獣のようにわたくしたちの身体を貪るのです…

魔力が切れたのか、貞操帯としてつけていて護符が魔力が尽きて精液の池に落ちます。
「ようやく、取れたか…こんなもんをわざわざつけているなんて、生娘か?その割には俺たちの精液を美味しそうに飲んでくれたなぁ。」
ぎゃはははという盗賊たちの下品な笑い声があたりに響きます。
「どうだ、俺たちに犯されたくなったか?そろそろ下の口も寂しいだろう」

わたしは…

>>い、嫌です…それだけは…

>>もう駄目…
 
 

2011/01/16

ジンジー・くるくるリンク・草

ジンジー
久しぶりに触手絵。うちのオリキャラのひとりで、ジンジー・くるくるリンク・草です。
背景画をどうするか迷って、変なおじさん達を描いてしまったので、ついでに簡単なミニストーリーを付けてみました(笑)

『ステンドグラス』
私の名前はジンジー。交流都市ケイイルジンクでは少しは名の知られた賞金稼ぎです。
10万Gの賞金が賭けられた女盗賊ポワブルを追っていた私は、彼女が怪しげな新興宗教団体に身を隠している事を突き止めました。
その宗教団体はケイイルジンクの西に広がる樹海の奥地、旧文明の遺跡を改装して神殿とし、その周りに信者達の町を作っていました。

続きを読む ≫

2009/05/30

抗議の代償‥/(でるもんて)

ある領主の娘が、ひもじい一家を見下して毎日ひどいことを言います。たまりかねた私は、その領主の娘に意見すると・・・。
翌日、突然の怒涛とともに目が覚めました。
「正当な理由ではあるが、たた領主にたてついたとして、裸市中引き回しの刑とする。家族は全員で見届けるように・・」
でるもんて

2009/01/17

財宝を取り戻せ! / アイナ(高橋深青)

代々伝わる家宝を宝石好きのドラゴンに奪われたある貴族の依頼を受け、ドラゴンの巣へとやってきました。
とは言え、私たちにドラゴンを倒すなんて到底無理。私たちはドラゴンの住む洞窟にたくさん生息している巨大なめくじモドキに変装して忍び込み、ドラゴンが眠っている間に家宝を盗む事にしました。

巨大なめくじモドキのねばねばの粘液を身にまとい、いざ洞窟に潜入した私たち。
ところが巨大なめくじモドキたちはちょうど繁殖の季節で、粘液をまとった私たちを仲間だと勘違いした巨大なめくじモドキ達が集まって来て‥‥

作戦失敗‥。別の作戦を考えないと‥‥。
アイナ


2008/11/24

魔法に王道無し! その4 / シウィ(茶鼠)

こんにちは! またまた魔法使い見習いのシウィです。
ついに念願の魔法石を手に入れることができたので、早速、この間失敗したインスタント召喚式を使って、今度こそ魔力を増加させてみようと思います。
…でも、大丈夫かなあ。お店で見たものと違って、見た目はただの石なんだけど……。

なんて思いながらも、前と同じようにインスタント魔法式を床の上に置き、四方にナイフと枝葉と血を入れた水と魔法石を置いて、いざ召喚!

やってみると、魔法式がバチバチと火花を散らして、パリン、というガラスが割れたような音と一緒に、子猫くらいの大きさの、背中に虹色の羽根を生やした裸体の少女…なんと妖精さんが現れたのです!
精霊とは違いますけど、妖精だって高い魔力を持っています。
やった! ついにやりました! 成功です!
と思ったその時、妖精が必死に私に叫びました。

「た、助けて! 匿って!!」

…よーく見ると、何か、その。股のあたりがぬらぬらと光ってます。
……まさか、と思って召喚式を見ると、再びパリン。
中から体中から触手を生やした、蔓の塊みたいな魔物が現れました!

「で、出たー!!」

妖精は驚いて私の後に隠れましたが、私は逃げも隠れもしませんでした。
……だって、魔物のサイズはこの間ウンディーネさんを襲ったあの石触手と大差無いんです。

近づいて蹴っ飛ばすと、もうそれで妖精を襲うのを止めて逃げ始めました。

「は、早くソイツをやっつけて!」

要請さんは怯えてますが、こんな弱っちいのに怯える私ではありません。
杖を拾って、勇敢にも魔物に構えました。

「正義の魔法使いシウィが、アナタを倒します」

召喚式の周囲を逃げ回る魔物に、杖を向けながら宣言します。
すると、背後で妖精さんが息を飲む音。
振り返る間もなく、ぱりんという音が三度。
今度は召喚式じゃなくて、本当にガラスが割れた音でした。
魔物が血を混ぜた水が入ったグラスを割って零したのです。中身は魔物の前半分にかかりました。
すると、かかった部分がむくむくと大きくなり、私の倍くらいのサイズになったではありませんか!

「きゃあああああああああ!?」

「ああ、だから言ったのに……」

妖精さんはもう諦め顔です。咄嗟に逃げようとしましたが、仕返しとばかりに伸ばされた触手に、私も妖精さんも捕まってしまいました。

…その後はまあ、いつものように。
私は大きくなった部分。妖精さんは水のかからなかった、小さい部分の触手で「お相手」されてしまいました。

でも、今回は不幸中の幸いが3つありました。
血が混じっていた水だったからか、それとも血が薄かったからかは解りませんが、一時間もしないうちに触手が元の大きさに戻ったので、すぐに妖精さんを助けて魔物を倒せた(杖で潰しました)こと。
もう一つは、その後、助けてくれたお礼ということで妖精さんと契約を結べた事です。

……それと、触手は思ったよりもその、気持ちよかったことです。
クリへの刺激とか、オナニーとは比べ物にならないほど気持ちが良くて…。
妖精さんの話によると、あの魔物は「向こうには一杯いる」そうです。色んな妖精を追っかけ回している、妖精にとってはとても危険な存在なんだとか。
それとは決して…ええ、絶対に! 一切の関係はありませんが、いつかは妖精さんのいる所へ行ってみたいと思っています。
…ホントに関係ないんですよ? 魔法使いの好奇心なんですよ?

シウィ

2008/10/24

魔法に王道無し! その3 / シウィ(茶鼠)

こんにちは! またまた魔法使い見習いのシウィです。
今も師匠の下で修行中をしながら、前回失敗した原因となった魔法石を探していました。
魔法石と言うのは、その名の通り魔力を内部に封じ込められた石で、大抵の魔法使いの実験には欠かせないアイテムなのです!
ですが、需要があるのに魔法石は一部の地域でしか採れず、私なんかにはとても手が届かないアイテムだったんです。

ところが! この間、魔法石が無いかなと倉庫を探していたら、「人工魔法石製造機」なる、見た目は鉄の小さな鳥籠らしきものが出てきたのです。
……でも、この間はこんなもの無かったはずなんですけれどねぇ。不思議な事もあるものです。

説明書を読んでみると、精霊からエネルギーをもらって、それを石に移すことで魔法石にする装置なんだそうです。
方法もとっても簡単! 水や土などの自然物と、適当な大きさの小石を人工……言いにくいので鳥籠で行きます。…で、その鳥籠に入れるんです。
そして、私が魔力を込めれば鳥籠が精霊を実体化させて、エネルギーを移すんだとか。

とりあえず、近くの川から水を拝借して、コップに入れて。中に石を入れて鳥籠の中へ。そして、魔力を込める……と、あわわわわ!!
鳥籠ががたがたと鳴って、コップから水がスライムみたいになって出てきました。そしてそれは、ほとんど透明の蒼いローブを着た、小さくて綺麗な女の子の姿に変わります。……コレが、いえ。彼女がウンディーネでしょうか?
ウンディーネはきょろきょろと辺りを見回しています。状況がよく解っていないようです。
私が彼女を見ながらぽーっとしていると、突然石ががたがたと動き始めました。ウンディーネも私も、はっとそちらを見ます。
石はガラスのコップをぴょんとジャンプして乗り越えて、ウンディーネに飛びかかります!

「わあああああ!!?」

もしかして潰す気なのかと、一瞬目の前が暗くなりましたが、そうではないようです。
ウンディーネの目の前に飛び降りた石は、一瞬ぶるっと震えると……中から触手みたいなのが出てきました!

「またですか何集めてるんですか師匠ーっ!!」

思わず此処にいない師匠に叫びます。
そうこうするうちに、伸びた触手は案の定、ウンディーネを捕まえて…。
あああああああ……。書いているうちにまた罪悪感が。
ごめんなさいごめんなさい。ウンディーネさん、本当にごめんなさい。
こうなるとは知らなかったんです。

…贖罪の意味も込めて、続きを書きます。
触手はウンディーネの衣の外から内から全身をまさぐります。
ウンディーネは声を出さない(出せない?)ようなのですが、段々と顔が赤くなってきて、感じているのが解ります。

触手はその間にもずるずると本体(?)である石の方へウンディーネを引き寄せます。その時気づいたのですが、石の上の方には、赤い突起物があります。
……絶対アレだ、と思ったのも束の間。私の予想通り、ウンディーネはその上に腰を降ろされて……その、入ってしまいました。
その後は、延々と出したり入れたり出したり入れたり。その間、触手はローブの裾を捲ったりはだけさせたり、胸を揉んだりお尻の穴やアソコを弄ったりと、見るも無残な活躍ぶりを見せ付けてくれました。

ウンディーネは何度も何度も達していたみたいなのですが、達する度に身体が段々と透けてきて…やがて、ウンディーネの身体が半透明になった頃、唐突に触手も突起物も石の中へと戻り、ウンディーネは元の水になってしまいました。

石には穴も何も無く、魔力を感じる以外は何も変わった事はありません。
…強いて言うなら、水の方に変化が。
量が明らかに少なくなっていて、粘り気があるのが少し混じっていたんです。


うう。ウンディーネさん、本当にごめんなさい。

シウィ


ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

高橋深青

Author:高橋深青
バナー
サイト名:AshGreyNoise
サークル名:A AshGrey Mix
管理人:高橋深青
Twitter:ashgreynoise
 
pixiv
大きいサイズのイラストをPixivに公開しています。


DLsite.comにて作品集を販売させていただいてます。

○愛しい主人がおぞましい触手モンスターになって帰ってきました‥‥(New)
○街娘露出散歩(New)
○人妻肉便器結衣子さん
○人妻戦士彩奈さん
○魔法少女の後日談
○異世界に召喚された野崎さんが‥
○救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている
○救世主様は淫らな雌牛に堕ちたい
○ネコは裸で野外を歩く
○私の裸見てください
○ちょっと森まで
○まつたけ様にお願い!

広告




お知らせ


●コメントの投降について
スパムコメント対策のため、「.net/」を禁止ワードに設定しております。
他にもいくつか、スパムコメントでよく使われている文字を禁止ワードに設定しています。スパムコメントとは無関係なのに投稿出来なかった皆様、申し訳ありません。


QRコード

QR

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。