FC2ブログ

AshGreyNoise

~ 薄闇色の雑音 ~


このブログは18禁です。18歳未満の方は閲覧しないでください。

人妻肉便器結衣子さん
人妻戦士結衣子さん参上! だがしかし、弱かった‥‥

作品紹介 サンプル画像をサブブログに掲載してあります。
<作品紹介・サンプル画像>

 

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/27

報告その11(ヒルメ村) / キュビア(とろけ)

この村の海辺には、シースキュラという半人半蛸のモンスターが住んでいます。
彼らは人間と一緒に漁をして、仲良く暮らしているんです。

「ねぇ、キュビア。浜辺でちょっと面白いことがあるんだけど・・・」
村に来て3日目の晩、宿屋の看板娘ペトラちゃんに誘われて、東の浜の洞窟に行ってみると・・
「あ~ん、いいわ~。もっと突いて~!」
「出てるよぉ!あたしの中にいっぱい出てる~!」
「ハァ・・ハァ・・こっちの穴にもちょうだい・・・」
村の女の子たちが、シースキュラの男性とからみあっていました。

シースキュラは、人間と姿は似ていますが、間に子供ができません。
そこで、月夜の晩には未婚の人間とシースキュラが浜辺に集まり、将来の伴侶のために互いのテクニックを磨き合うのです。
「ちなみに、西の砂浜は人間の男とシースキュラの女の場所だから。近づいちゃダメよ」
そう言って、ペトラちゃんは服を脱ぎ棄て、乱交の輪に入っていきました。
私も負けずに・・・

シースキュラの精液は、人間よりも量が多くてサラサラしてました。

キュビア

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2008/06/24

猫耳姉妹盗賊

ジンジー

「なあ、口封じに殺されんのと、
私たちのペットになるんと、どっちがええ?」
「私らもな。あんたみたいな可愛い娘、殺したないねん
ペットになるんやったら毎日可愛がったんで?」
という事で、盗賊姉妹に捕まって遊ばれてるジンジーさんの図です~。

「し、死ぬよりは‥、お、お姉様たちの、ペットになったほうが、いい‥かな?」
ロカたちが助けに来てくれる事を信じて、時間稼ぎのため従うフリをするジンジーさん。しかしそのロカさんは
「ね、ねえ、タウポー、ジンジーちゃん見つかった!? この小屋にはいない? じゃあやっぱり向こうの洞窟かなぁ」
という事で見当違いの場所を捜索していて、朝になるまで助けに来ませんでした(笑)

「そやろ? じゃあさっそく、この魔法石で作ったディルドーで一晩中可愛がったるわ」
「ジンジーちゃんが朝までに何十回イクか、楽しみやわぁ。ええ喘ぎ声聞かせてな」
 
 

2008/06/21

砂漠の巫女の秘かな大活躍! / タビサ(とろけ)

この間、私たちの商隊がオヘソナ砂漠でリザードマンに襲われた時の話です。

食料として連れていたヒツジを放ち、リザードマンたちがそれに気を取られている間に、小高い丘に建つ古城へと逃げ込むことができたのですが・・・
「ダメだ・・ここも干上がってやがる・・・」
そこは、井戸が枯れて見捨てられた、死の都だったのでした。

「畜生め・・!やつら、仲間を呼びやがった」
数十匹のリザードマンが城を囲み、その数はさらに増えていきました。
「これでは、家畜を放しても意味がないな・・」
「隊長!ここは私たちが囮になります。その隙に、乗客と荷物を安全な場所へ!」
「バカなことを言うな!あのトカゲどもに捕まったら、どんな目に遭わされるか・・」
リザードマンたちには、『狂気の探究者』という異名があります。
連中は、悪魔のような肉体改造や交配実験を好み、その餌食になった者は死よりもおぞましい運命を辿るのです。
「でも、このままじゃ日干しになるのを待つだけだ・・」
「いったい、どうすれば・・・」
みんなが頭を抱えてしまったとき、
「あの~・・。私に任せてもらえませんか?」
乗客の巫女さんが、声をかけてきたんです。

「(ボソボソ・・)ラツィン神ってさ、縁結びとかの神様だろ」
「(ボソボソ・・)この状況を、どうにかできるのか?」
心配する私たちをよそに、巫女さんは城壁に立ち、祈るようなしぐさをしました。
そして、大きく息を吸い、空に向かって叫んだんです。
「私~!今日はすっごく可愛い下着つけてるの~!」
「・・・はい?」
すると、目が点になっている私たちの頭上から、ポツポツと雨が降り始めたんです。
「やったー!これで水の心配はなくなったぞ!」
雨にうたれてながら、私たちは大喜びではしゃぎまわりました。
「次は、あのトカゲさんたちを片付けちゃいますね」
巫女さんは再び息を吸い、背中に手をまわして叫びました。
「気分が良いから、ブラはずしちゃお~!」
すると、雨は滝のような豪雨となり、砂漠に突如現れた濁流がリザードマンたちを飲み込んでしまいました。
「これがとどめよ。あ~ん!パンツがグショグショに濡れちゃった~!気持ち悪いから、脱いじゃお~っと!」
巫女さんが脱いだパンツを指にかけて振り回すと・・雨がやみ、代わって風が吹き始めました。
熱い風は、巫女さんの濡れた体に吹きつけ、その一方で竜巻となってリザードマンたちを吹き飛ばしました。
やがて巫女さんの服は完全に乾き、スカートのすそがフワリと浮いて・・・

「残念でした~。最初からパンツ2枚はいてたんです~!」
その途端、嵐はやみ、雲は消え去り、元通りの青空が広がりました。

その後、巫女さんは、恥ずかしいからと名前も言わず、次の街で私たちと別れました。
あの人って、もしかして・・・

ローナ

続きを読む ≫

2008/06/20

ロカさん逃走中‥

ロカ

「ロカさん! こっち! 上っ!」
「きゃあぁぁぁっっっ!」

鉱山跡に隠れている犯罪者を探しにいって、奥にいモンスターと鉢合わせして慌てて逃げてるロカさんの図‥。逃げるのに必死でジンジーには気付いてません(笑)

という事でロカ・ルメク・スイバさんです。まだ細かく設定決めてる訳じゃないけど、性格は天然ドジっ娘しか想像つかないな‥(笑) ジンジーのほうが年下(ジンジーは21歳、ロカは23歳)なんだけどしっかり者です。

鉱山の奥で何があったのか、何故裸なのか、板もって何してるのか、このあとどうなったのかは、適当にストーリー想像して遊んでください(笑)

2008/06/17

へっぽこ盗賊繁盛記 / アルマ(はなまる

 あれは『リストリア城跡』だったかな?

 落とし穴。通路に穴が開いて、落下により相手を殺傷する罠。 
 意外と思われるけど、こういうトラップにはいろんなお宝がある。
 宝を持ったまま穴に落ち、そのまま死んだ人がいる。そのお宝はずっと穴の中なんだ。
 今、ボクの眼下にあるのはそんな状況だった。
 通路に開いた穴。深さは3mほど。底には光り輝く宝石たちと一体の白骨死体。
 まぬけだねー。そんな感想一つ。ボクはロープをくくりつけ、穴の中に降りていく。
 白骨死体に見よう見まねなお祈りを捧げ、宝石をゲット。保存状態は悪いけど結構な値でで売れそうだー。そうおもった矢先、

「久しぶりのねーちゃんや。少し楽しませてもらおうか」

 そんな声と同時に後ろからわしづかみにされる胸。同時には下腹部に這う手。
 突然の愛撫に身をすくめるけど、落とし穴が狭いのと相手が手馴れているためかうまく逃れることが出来ない。
 痺れるような快楽に脱力しながら振り向いたボクが見たのは、なんと落とし穴の白骨死体!
 スケルトンに後ろから抱きつかれ、なすがままに愛撫されてる…!

「えー!? 何で…あっ…落とし穴に落ちて死んだんじゃ…ひぃん…!」
「ワテはそういう風に見せかけて降りてきた輩を食ってるんや。安心し。命まではとらんわ。
 にしてもねーちゃん感度ええなぁ」
「ボクは感じて、ない…! ゃ…だめ、ホネなのに、上手い…」
「そりゃただのスケルトンやないからな。死体道300年ミナミ様や。イクときに少しだけエネルギーもらうけど、堪忍な。
 あとなぁ。その宝石を基点に遠見魔法で見られてるから」
「そ、そんなこと言われると…ボク…。見ないで…! イッちゃ、ダメ…なのに…!」
「おほ。見られて興奮したんか。締め付けがよくなったで。ワテの指、ええ感じで締め付けてるわ。
 こりゃそろそろイクか。お豆さんもいじっとこうか」
「あ、あ、ああ…!」

 ………。
 気がつくと入り口で寝ていた。
 少し朦朧とするけど、それ以外は特になさそうだ。装備をとられたとかそういうのはない。
 ただ…しばらくスケルトンを見ると少しもじもじするボクがいた。
 仕方ないんだよっ。だって本当にすごかったんだから!

 次は絶対失敗しないぞっ!

アルマ


2008/06/14

今夏流行の水着

小城野千尋

千代木町商店街でスポーツ用品店を営む常連客のおじさんから、今夏流行の水着をプレゼントされたので試着してみた小城野千尋さんの図(笑)
「あ、あの‥これ、透けてませんか‥? それに、身体が締め付けられて‥」

2008/06/11

魔術士の憂鬱 / アブソルテ(茶鼠)

僕は……まあ、名前も肩書きも大して興味はないのだが、無いと話が伝わりそうにないので魔術士のアブソルテと名乗っておこう。

僕はそれこそ、薬剤や日常生活に使える道具の作成から、ゴーレムにアンデッド、果てはダンジョンまで色々な物を作成している。
しかし僕は他の魔術士と違って、そうして作ったものを使いたくなる、他人に言わせれば厄介この上ない性分を持っている。自分では気に入ってる性分なんだが。

そういうわけで、偶に迷宮を作ってやってくる冒険者達に対してそうした勢作物を、実験を兼ねて使っているんだ。勿論、死ぬなんてことは……多分ない。

この間は、遊びで作った催淫ガスを宝箱に仕掛けたら、女剣士が一人引っかかった。
よっぽど気持ちよかったのか、自慰を始めたので実験協力のお礼も兼ねて、迷宮の番人をさせていたゴーレム達に指示を出して、楽しんでもらう事にした。
反応を見ると上々。うんうん。流石は僕だ。

で、今日はその催淫ガスに、女魔法使いが一人引っかかったのだが…。

「ああん! もっと、もっとよ! やっと火照ってきたんだからあっ!」

ゴーレム達がみーんな干からびてしまった。しかもあの人、全然満足してなさそうだし。
……あの魔法使いの為に、今度は性交専用ゴーレムでも作っておくとしよう。

アブソルテ

2008/06/09

神様の栄養ドリンク(前篇) / リーク(とろけ)

ぼくの村には、すごく大きな神木があるんだ。
祭りの夜に、女の子が一晩そこで過ごすんだけど、そのとき以外は近づいちゃだめって言われてるんだ。
木のウロには神様がいて、見つかったらバチを当てられちゃうんだって。
でも、ぼく、神様に会ってみたいと思って・・このあいだ、神木のところに行ったんだ。

「お~い、だれかいますか~」
木のウロは、人が立って入れるくらい大きくて、暗くて湿った匂いがしてた。
「神様~、いないんですか~」
しばらく叫んでみたけれど、返事はなかった。
やっぱり・・神様なんていないんだ・・。
そう思って帰ろうとしたとき、ウロの奥から黒い風が吹いてきて、ぼくを闇に引きずり込んだんだ。

目が覚めると、ぼくは奇妙な広場に倒れてた。
床にも壁にも天井にも、赤い木の根っこみたいなものが這っていて、ビクビクと脈打ってるんだ。
「ここ、どこだろ?・・あれ?良い匂いがする・・」
匂いのもとは、床のくぼみに溜まった液体だった。
試しに、指ですくってなめてみると・・・
「おいしい・・・!」
その液体は、甘くて酸っぱくて、ほんの少しピリッとしてて・・
気がつくと、夢中で底まで飲み干していた。
「おいしかった~!でも・・これ、いったい・・?」
「あ゙ーーーーー!おぬし!そこでなにをしておる!」
振り返ると、そこには大きな耳としっぽを生やした女の子が立っていた。

女の子の名前はファシア。
この森にすむ神様で、ぼくが飲んじゃったのは、ファシアが400年に一度開かれる神様たちの力比べのために作った、ソーマという魔法の飲み物だったんだ。
「・・せっかく、100年も若い娘の精を集めて醸したのに・・」
泣きじゃくるファシア・・。
「ごめんよ。そんな大切なものだとは思わなかったんだ。ぼくにできることなら、なんでもするから・・」
「・・ほんとじゃな?(キラン☆)」
あ゙・・なんか余計なこと言っちゃったかも・・・。(汗)
 
ファシア

2008/06/06

ジンジーさん菱縄縛り~

ジンジー

追っている犯罪者がとあるお店によく出入りしているという噂を聞いて潜入したジンジーさんの図。
面接の時には簡単なショウに出てもらうだけだと説明されたのですが、実際はかなりいかがわしいショウだったようです(笑)

2008/06/03

砂漠の巫女の秘かな遊び / ローナ(とろけ)

最近、私たち巫女の間で流行っているイケない遊びを紹介します。

私たちの仕事の一つに、神殿に来られた信者の方にアメ玉を配ることがあります。
砂漠の街カザーは空気が乾燥しているので、聖句を唱えるために、ノドをうるおすアメが欠かせないんです。
そのアメに魔法をかけて、体の感覚を移すんです。乳首とか、クリとか、唇とか・・
そして、好みの男性やかわいい子供を探して、「噛まずに、最後までなめてくださいね」と言って、それを渡します。
あとは、トイレに駆け込み・・・オナニー♪(赤面)

神に仕える巫女は、男性関係がNGなので・・こんなことで、欲求不満を解消してるんです。
 
ローナ

続きを読む ≫

2008/06/01

アルティナ(茶鼠)

ネネ村に住む、パン屋のアルティナという者です。

私の住む村では毎年祭りが行われているんですが、その祭りの最終日に、村にいる少女を一人選んで、森にある巨大な神木の前に置き去りにするんです。
…あ、といっても、生贄とかじゃなくて、一晩経てば無事に帰ってきますよ。

噂だと、そこではとても「スゴイ」ことが起こるらしくて。毎年、そういうコトに興味津々な女の子達が、こぞってその役目を志願します。

実は、恥ずかしながら去年は私がその役目になったんです。
一人になってしばらくすると、木の虚の中から突然触手が伸びてきて、一晩中……。

…確かに、とってもスゴかったです。
 
アルティナ

ホーム

Home

 

プロフィール

高橋深青

Author:高橋深青
バナー
サイト名:AshGreyNoise
サークル名:A AshGrey Mix
管理人:高橋深青
Twitter:ashgreynoise
 
pixiv
大きいサイズのイラストをPixivに公開しています。


DLsite.comにて作品集を販売させていただいてます。

○愛しい主人がおぞましい触手モンスターになって帰ってきました‥‥(New)
○街娘露出散歩(New)
○人妻肉便器結衣子さん
○人妻戦士彩奈さん
○魔法少女の後日談
○異世界に召喚された野崎さんが‥
○救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている
○救世主様は淫らな雌牛に堕ちたい
○ネコは裸で野外を歩く
○私の裸見てください
○ちょっと森まで
○まつたけ様にお願い!

広告




お知らせ


●コメントの投降について
スパムコメント対策のため、「.net/」を禁止ワードに設定しております。
他にもいくつか、スパムコメントでよく使われている文字を禁止ワードに設定しています。スパムコメントとは無関係なのに投稿出来なかった皆様、申し訳ありません。


QRコード

QR

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。