FC2ブログ

AshGreyNoise

~ 薄闇色の雑音 ~


このブログは18禁です。18歳未満の方は閲覧しないでください。

人妻肉便器結衣子さん
人妻戦士結衣子さん参上! だがしかし、弱かった‥‥

作品紹介 サンプル画像をサブブログに掲載してあります。
<作品紹介・サンプル画像>

 

2007/05/20

『混沌を売る店(中編)』 名前:メイリ(とろけ)

おじさんは、私を隣の部屋へ連れて行きました。
そして、両手を縛って壁に吊るし、足の間に甕を置いて、その取っ手に私の両足を縛りつけました。
甕には水が入っていて、中で何か白くて細長いものが泳いでいました。
「いやぁ・・何、これ・・気持ち悪いよぉ・・」
私は、怖くて身体がガタガタ震えました。
「そんなに嫌がらなくても良いだろう。ほら、あれをごらん」
おじさんが指差した先には、一人の女の子が吊るされていました。
女の子のお腹はプックリと膨らんでいて、中から突き上げられるようにボコボコと蠢いていました。
「・・グ・・ガッ・・グゲゲグ・・ゴガアアアアァァァァ!」
突然、女の子が獣のような声を上げ、その足の間から白いものがニュルニュルと流れ出しました。
「うん。上等、上等」
おじさんは満足そうな顔をして、それを甕からすくい上げました。
「さっき、お嬢ちゃんも美味しい美味しいって食べただろう。・・・コントンだよ」
おじさんの持つザルの中では、生まれたてのコントンがピチピチと身をくねらせていました。
・・食べた・・私・・赤ちゃん・・美味しい・・産むの?  頭が激しく混乱しました。
『娘・・・』 甕の中から声がしました。
『娘よ。お前は若い。お前は瑞々しい。我を産み出せ。我を受けよ。我を宿せ。我を・・・孕め』
「イヤアアアァァァァァァ!」
悲鳴を上げるのと同時に、甕から白い触手が飛び出して、私の身体にからみつきました。
「クックッ・・この娘は栄養が良い。上物が出来そうだ」
「あんまりガッツくんじゃないよ。処女膜が破れると味が落ちるからねぇ」
魔物に犯される私を、おじさんとおばさんは笑いながら見ていました。
ああ、私、もうお家に帰れない。お父さんにもお母さんにも会えなくて、魔物を産んで死んでいくんだ・・
絶望で目の前が真っ暗になった、そのときでした。

「そこまでアル!」
スポンサーサイト
[PR]

≪ 『混沌を売る店(前編)』 名前:メイリ(とろけ)ホーム『混沌を売る店(後編)』 名前:メイリ(とろけ) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

高橋深青

Author:高橋深青
バナー
サイト名:AshGreyNoise
サークル名:A AshGrey Mix
管理人:高橋深青
Twitter:ashgreynoise
Pawoo:@ashgreynoise
 
pixiv
大きいサイズのイラストをPixivに公開しています。


DLsite.comにて作品集を販売させていただいてます。

○愛しい主人がおぞましい触手モンスターになって帰ってきました‥‥(New)
○街娘露出散歩(New)
○人妻肉便器結衣子さん
○人妻戦士彩奈さん
○魔法少女の後日談
○異世界に召喚された野崎さんが‥
○救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている
○救世主様は淫らな雌牛に堕ちたい
○ネコは裸で野外を歩く
○私の裸見てください
○ちょっと森まで
○まつたけ様にお願い!

広告




お知らせ


●コメントの投降について
スパムコメント対策のため、「.net/」を禁止ワードに設定しております。
他にもいくつか、スパムコメントでよく使われている文字を禁止ワードに設定しています。スパムコメントとは無関係なのに投稿出来なかった皆様、申し訳ありません。


QRコード

QR

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索